スリムな体になりたい余分の脂肪をなくしたい、あなたへ しっかり落として、気づかれずに変わる。ひとひとりに合わせてカウンセリング最良の施術プランをご提案致します。
スリムな体になりたい余分の脂肪をなくしたい、あなたへ しっかり落として、気づかれずに変わる。
まずは、カウンセリングをご予約下さい。無料相談予約

L.O.V.E Beauty clinicは「ベイザー脂肪吸引」で施術します。L.O.V.E Beauty clinicは「ベイザー脂肪吸引」で施術します。

ベイザー脂肪吸引は認定ドクターのみが行える施術です。
専門的な知識と高度な技術力がなければ、ベイザー脂肪吸引(VASER Lipo)を正しく操作し効果を引き出すことはできません。技術にはもちろん経験が必要ですが、その基礎を習得するためのトレーニングセミナーを開催。これを修了したドクターのみにサービスを提供することを許可し、その証となる公式の認定証を発行しています。
認定ドクター確認はこちら
このような方は、
ベイザー脂肪吸引がむいています。
  • 1.ダイエット感覚で脂肪吸引を試したい。
  • 2.脂肪を出来るだけ多く取り除きたい。
  • 3.ダウンタイムを短くしたい。
  • 4.体への負担は少なくしたい。
  • 5.周りに気づかれずにしたい。

私達が【ベイザー脂肪吸引】をオススメする5つの理由。

1安全性

ベイザー脂肪吸引は「痛みも腫れも内出血も最小限、たるみの心配もなく、安全な吸引」
を可能にしました。リスクを限りなく排除した脂肪吸引がベイザー脂肪吸引です。
ベイザーリポは、身体への負担が少ない最新の脂肪吸引技術です。

2大量の脂肪除去が可能

ベイザー脂肪吸引は、今までのどの方法よりも痩身効果が高く、皮下脂肪の90%までもの除去が可能となっています。
組織を断裂させずに脂肪を破砕できますので、皮下の線維組織の構造を保ったまま、脂肪を除去します。
今までは取れなかった皮膚直下の浅い部分の脂肪層まで、根こそぎ除去できるようになりました。

3皮膚の引き締め(タイトニング)効果が抜群

皮下組織を断裂させずに線維組織の構造を保ったまま脂肪除去。
これにより、除去後の線維組織には元に戻ろうとする作用が働き、きれいに収縮。
皮膚にたるみが生じることはありません。

4痛み・腫れ・ダウンタイムが少ない

今までの脂肪吸引は刃先の鋭利な吸引管で、脂肪細胞を筋肉や血管などから無理やり削るイメージです。
ベイザーはベイザー波で徹底的に脂肪細胞をばらばらに出来るので無理に吸引する必要がありません。
そのため、ばらばらにされた脂肪細胞だけを刃のない吸引管で優しく吸引していきます。
なので、無駄に体内を傷つけることがないのでダウンタイムが少なくすみます。

5短時間の施術

長い施術は、体にも負担を与え施術を受けるかどうかの考えてしまいます。
ベイザー脂肪吸引は効率的に脂肪を吸引できるため、手術時間も短時間で済みます。
そのため従来の脂肪吸引に比べ患者様の負担も少ないです。

メーカー公式ライセンスを所持したドクターが施術を致します。 詳しくはこちらメーカー公式ライセンスを所持したドクターが施術を致します。 詳しくはこちら

当院独自調査ベイザー脂肪吸引満足度調査

  • 1.ベイザー脂肪吸引で結果、満足しましたか?
  • 2.施術中・施術後に体調の不具合ありましたか?

医院長 樋口隆男美容にかける思いdoctor story

Q美容外科医になったきっかけ、理由を教えてください。
小さい頃より美に対する意識が人一倍強かったのを覚えています。医師となり、形成外科・美容外科医になることも考えていましたが、医師である厳格な父親の影響で外科医の道に進みました。そこで肺移植という最先端の医療に魅了されて、気がつけば呼吸器外科医として18年間という年月が経ってしまいました。しかし多忙な日々の中でも、美容に関する仕事をしたい、たくさんの女性を美しく幸せにしたいという気持ちがどうしても忘れることができませんでした。そんな中、当時の日本美容外科学会長と出会い、美容外科医になるという夢に再び火が付きました。
Q脂肪吸引・脂肪注入によるボディデザインに特化する道を選んだ理由は何ですか?
私はこれまで、美容外科手術とは一つ一つのパーツを綺麗にしていく(変えていく)ものだとイメージしていました。しかし、二重や脱毛、豊胸だけしてもそれだけでは綺麗にはなれないと思います。女性の本来の美しさは「曲線」と「柔らかさ」。さらに、大きさ・角度・上下・左右・凸凹具合の「バランス」が大事です。その「バランスをとる」ということこそ「ボディデザイン」だと思います。「脂肪吸引」と「脂肪注入」によるボディデザインやアンチエイジングで女性を綺麗にしたいと決意しました。
Q仕事ではどのような点にこだわっていますか?
これまで行ってきた呼吸器外科手術と美容外科の手術は全く異なるものですが、基本的な手術手技は同じです。長年やってきた経験を生かしつつ、安全で丁寧、かつ綺麗な手術を目指しています。ただ単に脂肪を「吸引する」、「注入する」だけではなく、全身のバランスをとりながら、仕上がりのイメージ通りになるようにデザインすることを心がけています。
Qどのような美容外科医になりたいと考えていますか?
一人でも多くの女性を綺麗に幸せにできる美容外科医になりたいです。どの方に対しても最高の手術を提供できる技術がないといけませんが、同じようにカウンセリングの質を上げることは非常に大切です。最初のカウンセリングでゲストの「こうありたい」という希望をどこまで汲み取れるか、思い描くイメージをいかに共有できるかにかかってくると思います。「最高の技術」と「良質なカウンセリング」が両方備わった美容外科医を目指しています。
Q優れた美容外科医とは? を一言で言うとなんでしょうか?
美へのこだわりを常に追い求める。それに対する努力は惜しまない。患者様が幸せになれば、それが私の最高の喜びに繋がる。
Q得意施術は何ですか?
脂肪吸引、豊胸脂肪注入、顔の注入や糸リフト、アートメイク

profile

18年に及ぶ外科経験があり、アルフレッド病院(オーストラリア)にクリニカル・リサーチフェローとして2年半年間の海外留学、2005年には博士号を取得、7編以上の論文執筆、学会総会の受賞歴など華やかしい業績を持つ。長年の手術経験と全身管理を武器に安全で丁寧な美容外科手術を目指す。
経歴
1971年 福岡県生まれ
1991年 福岡大学医学部医学科 入学
1997年 福岡大学医学部医学科 卒業
福岡大学医学部第2外科入局
2001年 福岡大学医学部臨床大学院 入学(2005年3月 学位取得)
2004年 豪州アルフレッド病院 留学
2007年 福岡大学病院 呼吸器・乳腺内分泌・小児外科 助手 就任
2009年 福岡大学病院 呼吸器・乳腺内分泌・小児外科 助教
2009年 独立行政法人国立病院機構福岡東医療センター 呼吸器外科 入職
2011年 独立行政法人国立病院機構福岡東医療センター 呼吸器外科医長 就任
2014年 独立行政法人国立病院機構大牟田病院 呼吸器外科部長 就任
2015年 THE CLINIC 入職
経歴
日本外科学会専門医
日本呼吸器外科学会専門医
日本移植学会移植認定医
日本がん治療学会認定医
コンデンスリッチファット(CRF)療法認定医
VASER Lipo認定医